« 痛みを出さずに動く工夫をする。 | トップページ | 台風の雨風は夕方から。 »

2022年9月18日 (日)

脊柱管狭窄症手術後左腰痛、3回目の指圧。

Img_2357 枯れ始める

 

 庭に最初に咲いた彼岸花が枯れました。今度の金曜日がお彼岸、大型台風の一番外周の雲がかかって、今朝は蒸し暑く、時々雨が降ります。

 脊柱管狭窄症で腰椎を固定する手術から半年たった70代女性3回目の指圧、手術部位とは反対側の左腰痛が続いていました。

 覚えていただいたストレッチを続け、2回服用していた鎮痛薬は一日一回に減り、骨盤ベルトやコルセットははずしたままでいられるようになりました。

 右腰椎が左に凸の側弯の形で固定されているので、左背部から腰部は緊張していましたが指圧後にはゆるみました。

 伏臥位の指圧後に股関節伸展で今回は左右ともに痛みはなし、仰臥位の指圧後、股関節屈曲でも左右ともに痛みはありません。

 右の腰椎固定によって左の骨盤が挙がってしまうので、左骨盤を下げ左下肢を伸ばすストレッチを続けて効果はあったようです。

 保健医療では手術部位は注目しますが、反対側の痛みに対しては説明もリハビリも十分ではないことが多いようです。

 指圧は全身施術、総合診療ですから、保健医療では取りこぼす痛みに対応することができます。

 明るい予後が見えています。鎮痛薬はいらなくなっていくでしょう。

 

|

« 痛みを出さずに動く工夫をする。 | トップページ | 台風の雨風は夕方から。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 痛みを出さずに動く工夫をする。 | トップページ | 台風の雨風は夕方から。 »