« 彼岸花、去年より見頃が一週間早そう。 | トップページ | 脊柱管狭窄症固定手術後左腰痛、2回目の指圧。 »

2022年9月13日 (火)

脊柱管狭窄症の右腰椎固定手術後に反対側の左腰痛が続く。

Img_2347 白い彼岸花

 

 白い彼岸花が咲いていました。朝のウォーキングで目にする花の種類が増えてきました。

 70代女性、主訴は脊柱管狭窄症手術後に続く左腰痛、金属プレートの固定で右の腰痛はなくなりましたが、週一回のリハビリを続けていても左の腰痛に対しての対応はほとんどしてもらえないようです。

 毎日鎮痛剤を飲まなければいられないとのことで指圧にいらっしゃいました。

 仰臥位の検査では左右ともに下肢へ走る坐骨神経の症状はありませんでした。

 仰臥位下肢から指圧し、上肢、頭部顔面前胸部から腹部の指圧を始めたところでトイレに行かれました。

 着いてすぐにもトイレに行っているのでむくんでいました。

 伏臥位の指圧では右腰椎が左に凸の側弯になっているのがわかります。

 右第3から第5腰椎はプレートで固定して神経の圧迫はなくなりましたが側弯までは改善されていません。

 右腰部の可動性が乏しく突っ張った状態で側弯しているので左骨盤がやや挙がっています。

 左第1,第2仙骨上の指圧で症状を再現する痛みがありました。

 日常生活では左にお尻が外側に軽く突き出した姿勢になりがちで、左中殿筋から大腿外側に負担がかかり、左腰痛が時々下肢までの痛みになるようです。

 全身指圧後、左骨盤が下がって左下肢が伸びたのでずいぶん楽になったようです。

 手術後半年近く苦しんできたようなので今日も続けて指圧そいたいとのこと、もうすぐ指圧が始まります。

|

« 彼岸花、去年より見頃が一週間早そう。 | トップページ | 脊柱管狭窄症固定手術後左腰痛、2回目の指圧。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼岸花、去年より見頃が一週間早そう。 | トップページ | 脊柱管狭窄症固定手術後左腰痛、2回目の指圧。 »