« 足が規則的に背屈底屈を繰り返す症例。 | トップページ | 左坐骨神経痛をかばって軽い急性の右坐骨神経痛。 »

2023年12月 9日 (土)

坐骨神経痛、右母趾の痛み、L4支配。

Img_4324 カマキリの卵

 

 梅の新芽がついた枝にカマキリの卵がついていました。霜のない今朝は昨日よりも最低気温が1℃高くて4℃、午後は17℃の予報で日中は暖かくなりそうです。

 めまいと右上肢下肢の痛み、左下肢にも重だるさがある80代男性の3日空けた2回目の指圧、前回よりも体幹の左傾きと猫背は姿勢の意識で少し良くなっています。

 めまいは相変わらず続いていて、顔を起こす、立ち上がるなど上下の頭の動きでふらつくめまいが起こります。

 寝返りでめまいはなし、耳石のはがれによる回転性のめまいとは違うようです。

 仰臥位下肢から指圧を始め、横臥位の指圧、背中をゆるめる四つん這い猫背から正座のストレッチなどを行いました。

 右母趾の痛みの訴えがあるので支配神経L4(第4腰神経)の神経根症状が強いようです。

 また、猫背のストレッチで正座をしようとすと右ふくらはぎの硬さで正座がしにくいとのこと、ふくらはぎの支配神経は内側がS2,外側がS3、仙骨神経の第2第3まで、つまり坐骨神経となる第4腰神経から第3仙骨神経を含む右腰から殿部、下肢の指圧とストレッチを丁寧の続けていくことが必要になります。

 右目の視力が良くて、左目の視力が悪いということがわかって、右目で見るために体幹を左に傾ける姿勢が続いていたのかもしれません。

 脳貧血のようなめまいは目の影響もあるかもしれないので、眼科の診察をお薦めして指圧を終えました。

|

« 足が規則的に背屈底屈を繰り返す症例。 | トップページ | 左坐骨神経痛をかばって軽い急性の右坐骨神経痛。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足が規則的に背屈底屈を繰り返す症例。 | トップページ | 左坐骨神経痛をかばって軽い急性の右坐骨神経痛。 »