心と体

2024年3月 2日 (土)

痛みの緩和、オイルで保湿。

Img_4722 シジュウカラ

 

 今朝は桜の枝をシジュウカラが飛び跳ね、西の風が太い帯状の雲をスターウォーズのエンドロールのように筑波山に向かって動かしていました。今日の最高気温は8℃、午後は曇りで寒い日になりそうです。

 脚のむくみで往診を依頼された方の3回目の指圧、お風呂介護の翌日で、保湿クリームは塗っているそうですが、足首がカサカサになっていて両下肢がむくんでもいました。

 左首から上腕の痛み、背中の痛み、右股関節と右足に痛みがあって、ベッドの柵に結んだタオルを握って上半身を起こすことは難しいようでした。

 弱く速い脈でしたが1分間に90くらい、正常範囲ではあります。胸やみぞおちの苦しさの訴えはなかったので左首から上腕の痛みは心臓の反射ではなさそうです。

 我慢強い方なのだと思いました。

 ゆっくり動かす関節運動で痛みはなく、指圧では軽く圧しても所々に強く痛む部位があります。

 ローズマリー・シネオール、ラベンダー・フランス、スィートアーモンドオイルのマッサージで膝下のむくみは還っていきますが、パンパンに腫れていた足の甲はしわしわになりました。 

 起き上がり動作の時に右脚に痛みが出ないようにすること、寝ている時にいくつかの姿勢ができるようにサポート枕やバスタオルなどを当てがう位置など、次回も考えて施術をしたいと思います。

 

 

 

| | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

今日から3月。

Img_4708 チューリップの葉

 

 今朝は小雨、チューリップの葉っぱに雨粒がくっついて庭には埃おさえのお湿りです。

 昼前からは晴れて、午後にはまた強い風が吹く予報です。

 今日から3月、能登の地震で始まった今年も2ヶ月が過ぎました。

 痛みを抱えた方には過ぎていく時間が辛いまま長く感じられることでしょう。

 コロナ前の往診で、腕の力を使える方で紐を使ってベッドからの起き上がりをしていた方のことを思い出しました。

 今日の往診で試してみようと思います。

 

| | コメント (0)

2024年2月29日 (木)

「ケンシロウによろしく」、凄腕指圧師のドラマ。

Img_4704 乾燥

 

 庭に次々と芽を出していく花、強風の日が続いて土が乾いています。朝7時の気温は1℃、朝は晴れていますが昼前からくもりになって夜には雨が降る予報です。

 夜中に目が覚めてテレビをつけると凄腕指圧師のドラマ「ケンシロウによろしく」が放送されていました。

 「北斗の拳」のケンシロウに憧れ、母の復讐のために暗殺拳を極めようとした男が指圧で人々を幸せにしていく物語です。

 母を殺した復讐相手のヤクザを探し出して腰痛を抱えていることを知り、探らせていた週刊誌の記者に治療院を薦めさせて連れて来させ、その最初の指圧で初期の段階で治療したという胃癌の脊髄転移で寿命わずかであることに気づき、自分の極めた暗殺のツボで復讐したいがために、まずは「幸せの感覚」で癌の緩解を目指す、というのが今回の内容でした。

 バカリズム脚本、主演松田龍平VS中村獅童、30分のドラマなのでリアルな指圧と比べるとギュッと端折って感じられますがなかなか見ごたえがありました。

 

| | コメント (0)

2024年2月28日 (水)

今朝も時々強風、花粉症悪化も指圧後に症状軽減。

Img_4700 雲が風に流される

 

 昨日の強風は簾を吹き飛ばし、枝を折り、花粉と埃を巻き上げて、指圧に来た方の花粉症の症状を悪化させていました。

 今日も時々強い風が吹いて雲が流されています。

 風と乾燥と紫外線と花粉で肌と目の症状が悪化しないように保湿や点眼薬で予防しましょう。

 指圧をすると分泌液が潤沢になるので血行促進によってアレルギー症状の軽減にもつながります。

 指圧前は薄い鼻水が垂れてくるようでも、指圧後には鼻が通り、鼻水が止まり、目が潤って症状が軽減するという方がほとんどです。

 むくみやこりや充血などの血流の偏りを正して全身の血行促進をすることは、副作用なくアレルギー症状の予防薬のような働きをします。

| | コメント (0)

2024年2月27日 (火)

介護ベッドからの寝起き、健側を使いやすくする工夫。

Img_4694 風に寄せられる

 

 昨日に続いて今日も強風の一日になる予報、木の実が北風に寄せられて道路端の溝に並んでいます。

 昨日は足のむくみの往診の指圧2日間を空けた2回目、右が左の倍くらいむくんでいましたが今回は左はさほどのむくみではなく、右膝内側と右足の甲の瘤のようなむくみもかなり小さくなったままでした。

 右股関節には変形性股関節症のような痛みがあって右下肢を動かすのには時間がかかります。

 ベッドで仰臥位で、下肢指圧と関節運動、上肢の指圧と関節運動、首、頭部顔面、腹部と指圧をしてから、前回と同じく足から膝窩リンパ節に向けてローズマリー・シネオールとラベンダー・フランスとスイートアーモンドオイルを使ったマッサージをしました。

 腹水の溜まった肝臓癌の方や重度の心臓病の方と比べれば、むくみを流すことは難しくありません。

 貧乏ゆすりのような股関節の運動と膝、足の関節運動で施術を終え、枕元にグレープフルーツの精油を垂らした精油を置いてきました。 

 歩行器を使った歩行ができるので、ベッドから下りる時に健側の左脚を使いやすいようにすることと、床との段差に低い踏み台をもう一段置くこと、寝ている時に時々しばらく足を高くする、足底板を使って足の背屈を保つ時間も作るなど、できることはありそうです。

 

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

強い風の一日に、花粉注意。

Img_4685 強い陽射し

 

 今朝の日の出は6時16分、6時前から明るくなり始めました。

 今日は一日中強い風が吹く予報ですが、風のない朝のウォーキングでは空の青さ、陽射しの強さが増してきたことを感じました。

 雨の翌日の青空、花粉が多くなります。

 今日は往診の指圧があるので、玄関前で花粉をはらってから入ることを忘れないようにします。

| | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

寒さで血管ストレスの指圧続く。

Img_4669 

 

 今朝の最低気温は-1℃、霜が降りて氷が張りました。

 昨日の雪は短い時間ちらつく程度でしたが、心臓の症状、肩こりと鼻づまりの悪化、下肢のむくみと指圧が続きました。

 寒暖差の血管ストレスと運動不足、同じ姿勢の連続で、穏やかな気候の時よりも症状が強く出ていました。

 指圧をすればこりやはゆるみむくみは解消できるのですが、花粉症のある鼻づまりの方はいつものようには鼻が通りませんでした。

 花粉症と寒暖差アレルギーだけでなく炎症部位に細菌感染が起きたのかもしれません。

 「いつもと違うのでこのまま調子が悪ければ耳鼻科行ってみる」とのこと、指圧を定期的にメンテナンスとして受けることで大病になる前に持病の悪化に気づくこともあります。

| | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

寝汗の原因に暖め過ぎも。

Img_4666 ツバキ

 

 地面に落ちたツバキの花が雨に濡れています。今朝は都内でも雪になっている地域があるようですがこちらでは冷たい小雨、朝7時の気温は2℃、最高気温は5℃の寒い一日になりそうです。

 寝汗で夜中に必ず起きて下着を着替えるという方の指圧、体はさほど冷えておらず上半身は温かくのぼせtもいません。

 脈も正常範囲、降圧薬を飲んでいて血圧が高くなり過ぎることも少ないようです。

 寝る時は保温下着の重ね着もあり、湯たんぽに電気毛布、エアコン設定23℃の暖房のまま、暖房の風が頭にあたるので帽子をかぶって寝ているとのこと、暖め過ぎでサウナのようです。

 重ね着と暖房に頼り過ぎて体の熱を作る力が衰えてしまっているので冷えに敏感になっていますが、暖房の設定温度と風向きの調整をしないと脳血管障害になることもありそうです。

 なかなか普通の問診では尋ねないことなので聴いてみなければわからないもの、エアコンが新しくなってから温度や風向きの調整を全くしていなかったようです。

 エアコンの風が頭に当たらないようにすることは必須、就寝時のエアコンはタイマーにして切るといいのですができなければ温度を下げる、電気毛布も布団が温まったらスイッチを切る、就寝時の重ね着を減らすなどをアドバイスさせていただきました。

 寒さ暑さの感覚は個人によって違いますが、暖め過ぎのないように気をつけましょう。

 

 

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

今朝は雨。

Img_4662 

 

 今朝は雨、午前7時の気温は6℃、昼過ぎから雨が上がる予報ですが気温は5℃に下がったまま夜になる予報です。

 週末は雪になるかもしれないようですが、花粉症の方は少し楽に過ごせるかもしれません。

 雨で家で過ごす時間に、衣服について持ち込んだ花粉や、ハウスダストの掃除をしておきましょう。

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

春から冬へ逆戻りの寒暖差。

Img_4652 ストック

 

 ストックから甘い酸っぱい春の香りが漂っています。今日の最高気温は夜が明けるずっと前の12℃、7時の気温は8℃で今日は気温がほとんど上がらずにくもり時々雨の天気で一日が終わりそうです。

 明日からは冬に戻ったような気温が続いて明後日は雪になるかもしれないという予報です。

 寒暖差で体の不調を起こさないように服と暖房を調整し、屈伸運動や背伸びの運動など、大きな関節を頻繁に動かして、座りっぱなしで血行不良にならないようにしましょう。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧