心と体

2021年10月26日 (火)

イギリスで普通の風邪ウイルスで症状の重い「スーパーコールド」が流行。

Img_0892 菊の蕾

 

 朝6時は時々強い雨、7時は傘がいらないくなり、8時に晴れてきました。

 日本では新型コロナウイルスの感染者が減ってコロナ前の日常生活を取り戻そうとする様々な取り組みが始まっていますが、冬季五輪を控えてゼロコロナを目指す中国や、感染者が増えているロシアではロックダウンが実施されている都市があります。

 イギリスではコロナの自粛で普通の風邪のウイルスと接触する機会の減った人々が重い症状の普通の風邪「スーパーコールド」になる症例が増えて、これが流行しているようです。

 コロナの感染対策をして、普通の風邪のウイルスとは共生するということは難しいようです。

 体への適量刺激を探りながら、重い病気にならず、怪我もしない、させない、指圧にも毎日の過ごし方や感染対策にも言えることです。

| | コメント (0)

2021年10月25日 (月)

一周回って不要不急の時にこそ遺跡発掘なのかも。

Img_0884 遺跡発掘中

 

 ウォーキングコースを変えたら武蔵野の林が消えて野球とサッカーの試合が同時にできそうな広さの遺跡発掘現場になっていました。

 溝は水田の水路か住居の跡か、コロナの自粛で不要不急を考えて生活の行動範囲を控えていた時に、一周回って野外の考古学の研究は不急ではないと考えたのだとしたらなかなか頓智の効いたアイデアです。

 これからますます寒くなるので、発掘調査も、昨日の渋谷駅の線路移動の手作業も、腰痛にならないように体のメンテナンスをしながら続けていただきたいと思います。

 

 

| | コメント (0)

2021年10月24日 (日)

一回の指圧で左膝痛は治って痛みは股関節に、原因は脊柱管狭窄症。

Img_0874 タンポポ

 

 晴れて暖かい朝ですが、東から冷たい風が吹いて春のような気候、庭にタンポポが咲きました。

 70代女性、前回は左膝痛が主訴でしたが1回の指圧で膝の痛みはなくなり左股関節に痛みが上がってきたとのこと、6日ぶりの指圧です。

 仰臥位で膝と股関節の可動域を検査したところ、膝痛や股関節痛にある可動域制限は診られませんでした。

 以前脊柱管狭窄症と診断されたそうで、左股関節の前側に痛みがあることからデルマトームでは第1と第2腰椎付近で神経の圧迫がありそうです。

 仰臥位に指圧を終え、伏臥位で左腰上部に手掌をあててみると左股関節に響く痛みが再現されました。

 左腰部は持続的手掌圧を行い、伏臥位の指圧後に、伏臥位から上半身を起こす腰のストレッチ、寝返りのストレッチ、横臥位股関節挙上のストレッチを行いました。

 その後、トイレで排尿をすませると主訴の痛みがほとんど消えていました。

 大小便の出にくさもあったということなので、これも脊柱管狭窄症の神経圧迫の影響だったろうと思います。

 腰椎上部に変形はあるようなので、指圧と運動法で御本人が痛みの不安から解放されて自信が持てるさらなる改善を目指したいと思います。

| | コメント (0)

2021年10月23日 (土)

一箇所に力を集中しない、力まない。

Img_0852 道端にコキア

 

 道端に一つだけ生えていたコキア、植えたのではなさそう、ポツンと、しっかり色づいています。

 今日は晴れて日中は暖かくなる予報、朝から指圧が続きます。

 冷えて筋肉が硬くなり、交感神経が優位になって胃腸が働かず便秘のケース、排便の時に力み過ぎると痔になることがあります。

 血液の一部への集中は出血にもつながり、体へのダメージが大きくなります。

 充血を散らすというのも指圧にできることです。

 患部に触れず、患部よりも遠い部位を施術する遠隔操作で炎症を引かせることができます。

 今日のように天気の良い日は、体のどの部分も大事にいたわって快適に過ごしたいものです。

 指圧も日常生活動作も丁寧に、力み過ぎないように、あわてず、今日も無事に一日を終えましょう。

| | コメント (0)

2021年10月22日 (金)

80代女性、右上腕外側の痛み、冷えが原因か。

Img_0865 サザンカ

 

 今朝は7時前から弱い雨、8時の気温は12℃で夜までこのままの最高気温で一日が終わる予報です。

 80代女性、主訴は右上腕の痛み、夜中にトイレに起きた時に痛みに気づいてその後は眠れなかったそうです。

 この前日の午後が地域の健康体操の日、コロナ対策のため集会場の窓を開けて実施したそうですが、この日は北風が吹いて寒く、どうやら体を冷やしてしまっていたようです。

 寝ている時は右上腕にかぶさるような横向きになっていたのかもしれません。

 この日は卓球の練習に行く日だったそうですが、それを中止して指圧にいらっしゃいました。

 指圧をすると確かに右上腕三頭筋に沿った痛みがあり、卓球の素振りの動作で痛みが出ます。

 右肘を曲げて球を打つ動作で痛みがあり、戻す動作では痛みがないので上腕三頭筋にとっては伸展痛、健康体操で窓から背部にあたる北風で体の後ろ側が冷やされて硬くなり、寝ている時には柔軟性を失った右上腕に体重がかかって一部に傷ができたようです。

 全身指圧で背中の硬さを伸ばし、ゆっくりとした動作では右腕の痛みは出ませんが、通常の動きでは痛みが再現されました。

 急性の傷なのでまずは安静、卓球を休んだ判断は正解です。おそらく3日くらいで通常の動きができるようになるでしょう。

 高齢者の運動不足の解消と冬場の換気、どちらも大切ですが、北風が吹く日には北側の窓は閉めるかごく細く開けるなど、冷えへの対策が必要になります。

 

| | コメント (0)

2021年10月21日 (木)

「指圧治療の研究」を読んで、1点に10分の手掌持続圧はなかなかできない。

Img_0859 稲のはざかけ

 

 刈り取った稲を干すはざかけ、この作業でぎっくり腰になって寝込んだことがあるという話をだいぶ前の指圧中にうかがったことがあります。

 2日かけて日本指圧協会の「指圧治療の研究 第2集 臨床編」を読み終えました。

 昭和30年代や50年代の施術例が掲載されていたことや、現在では常識的に使ってはいけない差別用語が使われていたりするので、全体的には新しい臨床例は少なかったようです。

 それでも胆経の脇腹付近のツボや三焦経の上腕外側中央付近のツボに効果を感じている先生がいらっしゃったり、往診の治療で1点に軽く手掌をあてているだけで10分の時間を使っている先生がいらっしゃったり、場合によってはやってみる価値はあるだろうと思いました。

 痛風や胆のうか肝臓病と思われる症状に対してもひたすら指圧で何とかしようとする奮闘ぶりなど、昔の日本映画を何本か見た後のような読後感でした。

 指圧の効果に自信を持って施術をしている姿が、後に続く者として文章から伝わってきました。

 

 

| | コメント (0)

2021年10月20日 (水)

「指圧治療の研究 第2集 臨床編」、その施術の膨大な時間を追体験。

Img_0855 葉の落ちた桜に芽が

 

 今朝は外を歩いても暖かく、昨日の寒さと比べると楽です。東の筑波山や北の群馬の山は麓から立ち上がる霞で半分ほど隠れていました。葉がすっかり落ちた桜の枝の先端は芽の形を作り始めています。

 日本指圧協会から「指圧治療の研究 第2集 臨床編」が送られてきました。

 それぞれの先生方の考え方、独特な文章、校正ミスの誤字など、読解には何度か前に戻らなければならないこともありましたが、始めは読み流して終わりくらいのつもりでした。

 しかし、自分とは違うツボを重視するアプローチだとか、手当で最後までいこうとする先生とか、その施術の真意や施術にかかった膨大な時間を追体験しながら読んでいると、体力も神経も消耗して、次々と読み飛ばして終わりとはなりません。

 どの先生も現代医学を否定するのではありませんが、指圧にできて現代医学にできない、超常的な表現になってしまう症例も少なからず体験されていて自分の指圧の臨床例でも似たことを経験してきました。

 圧して放せば血管は拡がり、血圧が下がって、各組織に酸素と栄養が行き渡る、それを全身に行うことで歪みや痛みを改善し、老廃物の排出を促してその時のマイベストの体に整える、単純なことのようで適量刺激を創り出していくことは初めから終わりまで気を使います。

 もう2、3日かけて、施術を追体験して自分の指圧の参考にしたいと思います。

| | コメント (0)

2021年10月19日 (火)

雲が空に蓋をする。

Img_0853 東の空

 

 今朝の東の空は雲に蓋をされています。

 気圧の低い曇りの今日は午前中に雨も降って、朝8時の12℃から気温はほとんど変わらない予報です。

 体を冷やすと思わぬ怪我をすることがあり、こういう日の午前中にぎっくり腰は発症しやすくなります。

 慌てず、行動は余裕をもって、関節の動きを体操で滑らかにしてから仕事を始めましょう。

| | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

左膝が痛い、だるさにニンニク注射が効かなかった、指圧が効いた。

Img_0848 昨日の午後

 

 昨日の午後2時過ぎ、晴れてきたのでウォーキングをしてきました。

 午前中は左膝痛があって体中が痛い、だるい、ニンニク注射をしたけれど効かなかったという70代女性の半年ぶりの指圧、全身指圧と膝のエクササイズ、背中のストレッチで整形外科や内科よりも効果があったようです。

 痛みやだるさの原因は体の動かさな過ぎ、整形外科の膝の痛み止めの注射は1日半しか効かなかったそうですが、仰臥位で膝と股関節の可動域を検査してみると、どの方向にも動かすことができ、膝関節の変形は少ないと思いました。

 指圧とストレッチと膝の抵抗運動とエクササイズ後には痛みなく歩けるようになっていました。

 老廃物や痛み物質が体中に溜まっていたようで、指圧後にはトイレに行って「すっきりした」ということでした。

 人に運動を薦めている手前、午後の天気の回復を見て、ウォーキング不足解消に歩いているうちに雲が流れて晴れ間が広がっていきました。

| | コメント (0)

2021年10月17日 (日)

今日は雨、効かない腹筋でも数をこなせば効いてきます。

Img_0844 つぶれたドングリ

 

 道路にドングリが落ちて車のタイヤでつぶされています。7時半を過ぎて雨と風が強くなって外を歩いていると傘が風にもっていかれそうになりました。

 冬の乾いた日には落ち葉も木の実も道路の端に風で集まっているのですが、今日の雨と風と日曜の車の通行の多さで道路で粉々になっていました。

 今日は雨なので運動不足になる人が増えそうです。

 しっかり体幹を起こさない効かない腹筋でもおなかに張りが出るくらい回数を重ねればさすがに効いてきます。

 テレビを見ながら上半身を揺さぶるくらいでもいいので続けているとおなかが締まってきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧